HOME > ハンドベルの世界

ハンドベルの世界

ハンドベルとは

ハンドベルは、いまから450年以上も前にイギリスで生まれた、長い歴史を持つ伝統的な楽器で、正式名称は、「イングリッシュ・ハンドベル」といいます。
キリスト教の教会の塔の上には、タワーベルと呼ばれる鐘が吊り下げられています。

4個から12個までのベルが設置され、交互に打ち鳴らされて、メロディーを奏します。
このタワーベルの練習用に開発されたのがハンドベルで、手で鳴らせるように小さいハンドルがつけられ、室内でも音を出して練習できるように考案されたのです。
その後、これが独立した楽器となり、音階によってベルの大きさが変えられ、数も多くされ、あらゆる曲の演奏ができるようになりました。

アメリカ・ペンシルバニアに伝えられてから、急速に広まり、いまでは、アメリカ国内では3万を越すハンドベルのグループがあります。
日本では、1976年に「日本ハンドベル連盟」が結成されて以来、学校、教会、施設をはじめ、近年では一般の方々にも広まっています。

演奏は、1名が2個~4個のベルを受けもち、それぞれのメンバーが自分の担当音を楽譜に従って鳴らすことによって行われます。
ベルの大小によって、音に高低が生じるので、1オクターブ13個、2オクターブ25個のように、音域が広がるとベルの数が増えます。
そして、必要な演奏者の人数も、7名から13名といったように増えていきます。 この演奏者たちが、チームワークを密にして、演奏するのです。
ハンドベルは、教育楽器としても注目を浴びています。
それは、チームワークの大切さを学べること、注意深さと協調性を養うことができること、演奏方法が単純で、年齢や男女によって区別されないこと、 などの長所によるものと思われます。
特に、特殊教育における教育的効果や、リハビリテーションや音楽療法への効果は高く評価されつつあります。

ハンドベルのコンサートや講習会、その他演奏に関することについては、NPO法人日本ハンドベル連盟のホームページをごらんください。  

お問合せについては、聖文舎ハンドベル株式会社まで